top

IMG_9955

Summer field work at Kunashiri island

* see English text below
* 最新情報はニュースをご覧ください。
* Please check “news” for the latest information

こんにちは。白岩孝行と申します。北海道大学 低温科学研究所において、水・物質循環の研究に携わっております。主たる研究フィールドは、ロシア極東と北海道です。河川が海洋に与える影響を、いわゆる魚附林、あるいは森里海連環の視点から研究しています。もともとは、地理学の出身です。バブル絶頂期の大学生時代から西暦2000年頃までは、氷河・氷床の変動と気候との関係に興味を持っておりました。北アルプス剱岳の氷河地形研究に始まり、ネパールヒマラヤ、北極スピッツベルゲン島、グリーンランド、南極ドームふじプロジェクト、カムチャツカ半島、パタゴニア南氷原、アラスカ・カナダの氷河群、そしてヨーロッパ・アルプスとたくさんの氷河・氷床を渡り歩いてきました。

2002年にひょんなことから、ロシア極東を流れるアムール川の研究に関わることになり、その後、アマゾン川を体験するに至り、大陸を流れる大河川に魅せられました。雪と氷に覆われた極寒の世界とは正反対の、混沌にして豊穣な世界がそこにはありました。人生二度目のカルチャーショックでした(一度目は1987年に訪れたネパール。目の前にいる病で瀕死の子供を見、貧困について初めて考えさせられました)。

2002年から2009年にかけて実施したアムール・オホーツクプロジェクトは、日本・中国・ロシアの多くの素晴らしいメンバーに恵まれ、とてもやりがいのある仕事でした。海洋の生態系、なかでも外洋の基礎生産が大陸から供給される溶存鉄に依存するという我々の唱えた仮説は、新しいパラダイムとして、現在、多くの検証が進められています。一方、急激に変化しつつある東北アジア・ロシア極東地域の越境環境の変化を国際共同で捉えるべく、中国・ロシア・モンゴルの研究者と定期的に協議する学術ネットワークを仲間と立ち上げました。これがアムール・オホーツクコンソーシアムです。

北海道の河川流域においても水・物質循環と流域保全の研究を開始しました。メインフィールドは北海道の東部、オホーツク海に流れ込む網走川流域です。2011年から修士課程の大学院生二人と調査を開始し、2013年4月からは網走市と連携して、能取湖の湖畔にある同市の水産科学センター内に北海道大学低温科学研究所附属 環オホーツク観測研究センター網走ステーションを開設しました。ここを拠点として、今後5年程度かけて網走川の水・物質循環と沿岸域の基礎生産との関係を解明するための研究活動を開始します。また、道南の河川を対象に、河川流域の土地利用と沿岸の磯焼け状況の関係を解明するための研究にも着手しました。そのほか、風蓮川、猿払川、美々川、豊平川、真駒内川においても大学院生と一緒に研究を続けています。2015年と2016年は北方領土の国後島を訪問し、比較的人為的擾乱の少ない国後島北部の河川を調査することができました。北海道の原自然とも言うべき北方四島の環境は、引き続き調べていきたいと思います。

現在、ロシア極東でも気候変動の影響は様々な形であらわれています。中でも、アムール川の主要な支流のひとつであるブレア川上流域では、永久凍土に変化が起こっている可能性があり、この変化が河川水質、とりわけ河川水中の溶存鉄濃度に与える影響がみえてきました。2015年度より、ロシア科学アカデミー極東支部 水・生態学研究所と連携して、この問題に取り組んでいます。一方、2017年度からは、より大きなスケールで陸と海のつながりを考えるべく、カムチャツカ半島を流れる河川に目を向けます。カムチャツカ半島から海洋に供給される大量の淡水が、オホーツク海の塩分濃度に影響を与える可能性が出てきました。いったいどれほどの淡水がカムチャツカ半島から流出するのか?その時間変動はどうなっているのか?これらの問題に取り組んでいく予定です。

大学院教育は北海道大学大学院 環境科学院 起学専攻 人間生態システムコースを担当しています。人類が直面する様々な環境問題について、解決に向けた明確な目的意識を持ち、自然科学のみならず、様々な学際的知識を動員して理解することを学ぶコースです。

大学生の皆さん、地球上に残された最後のフロンティア、ロシア極東で一緒に研究してみませんか?日本のフロンティア、北海道の森と川と海で一緒に研究してみませんか?性別・年齢問いません。ただ、この研究テーマは野外活動抜きには貫徹できませんので、安全教育は一から徹底して行います。

以下、2017年4月現在の大学院生の在籍数です。

修士課程2年:2名

以下、直近の卒業生の就職先です。

2012年度卒:北海道庁(1名)、ANA(1名)
2013年度卒:北海道庁(1名)、博士課程進学(1名)
2014年度卒:なし
2015年度卒:北海道庁(1名)、(株)マルハニチロ(1名)
2016年度卒:富士通 (1名)、澳信集团上海分公司(1名)、デロイトトーマツ(1名)、未定(1名)

北の大地で楽しんで研究を進められる大学生の皆さんをお待ちしています。

入学に関する情報はこちらへ。

もちろん、私にご連絡いただいても結構です。

【連絡先】
北海道大学 低温科学研究所
環オホーツク観測研究センター
白岩孝行
電話011-706-7664
shiraiwa@lowtem.hokudai.ac.jp

Hello, welcome to the website of Takayuki Shiraiwa. I am working at the Institute of Low Temperature Science, Hokkaido University in Japan, as an Associate Professor. My background is Geography and studied glaciers and its relationships to climate from the early 1990s till the beginning of 2000. I’ve visited many glaciers and two ice sheets starting from glacial landforms in the northern Japanese Alps. My research fields spanned from Nepal Himalayas, Svalbard, Greenland, Antarctica, Kamchatka, the southern Patagonian ice field, Canadian as well as Alaskan Rockies to the Swiss Alps.

In 2002, I started to involved with the Russian Far East where the Amur River flows. It is the 8th longest rivers in the world and considered as the last frontier of the earth. Together with my experience in the Amazon river in 2007, I fell in love with the liquid world of the earth’s water circulation. It is to me full of wonder, chaos and biodiversity in contrast to the frozen world.

I was lucky enough to have a chance to organize multidisciplinary as well as multilateral research project, the Amur-Okhotsk Project, from 2002 to 2009 at the Research Institute for Humanity and Nature in Kyoto, Japan. The project succeeded in clarifying the impact of the Amur River to the open water ecosystem in the Sea of Okhotsk and the Oyashio region by tracing the transport of dissolved iron, an essential element for the photosynthesis of phytoplankton. This hypothesis is now being validated by many researchers in the world. While rapid degradation occurs in the terrestrial as well as marine environments in the northeast Asia and Russian Far East. We established a multilateral academic network, the Amur-Okhotsk Consortium, to accelerate academic exchange across national boundaries among Japan, China, Russia and Mongolia.

I am responsible for the education of Hokkaido University at Division of Environmental Science Development, the Graduate School of Environmental Science. This is the place where graduate students study various kinds of global environmental issues based not only on natural sciences but also on neighboring disciplines in order to SOLVE the problems which human kinds are facing.

I welcome any graduate students who are interested in working at the Russian Far East and also those who are interested in rivers, forest and ocean linkage in Hokkaido, the last frontier of Japan. I am willing to share my knowledge on academic as well as field work in harsh environments with you.

Please do not hesitate to contact me or viewing the instruction given by the Graduate School of Environmental Science.

Thank you for visiting my website and hopefully see you soon.

Best regards,

Takayuki

For further contact:
Dr. Takayuki Shiraiwa,
Institute of Low Temperature Science,
Hokkaido University
Phone +81-11-706-7664
shiraiwa@lowtem.hokudai.ac.jp